1. home Home
  2. »
  3. folder おそ松さん
  4. »

おそ松さん感想2期9話 次回予告「カラ松とブラザー」って…

※おそ松さん2期9話までのネタばれを含みます。個人の勝手な感想な上に深読みまで入ることがあります。すいません。

次回予告めっちゃ怖い。

と瞬間的に思ってしまった。
大好きなアニメで大好きなキャラクターがメインの回が放送されるってのに、「わーい!楽しみ!」って感じるより先に、「うわ、大丈夫なの?怖ぇぇええ…」と嫌な予感の方を感じてしまったわ。

1期からの流れを見ると、1期5話のようなあそこまで悲惨な話にはならないだろうとは思うし、2期5話で対になるような(しかも明るい方向に対になるような!)話をやったし、大丈夫かなとは思うんだけど。

2期に入ってから、4話の両親の話も、1期の時は離婚騒動だったけど2期では二人寄り添っていたし、8話の十四松の話も、1期の時の物悲しい別れとは違ってずいぶんポジティブな描かれ方をしていたと思うし、大丈夫かなとは思うんだけど!

9話の中で、一松がカラ松に「グンナイバイバイフォーエバー」って言ったとき「死ねってことー!?ぶれねぇな!!」と大笑いで見てたんですが、次回予告見てからは「嫌な予感しかしない」に変わったし。
9話の中で、一松が「5対1では勝てない」みたいなことを言って、実際にオチも5対1になってしまったおそ松の案が却下されるみたいな感じで終わったのに、次回予告のタイトル「カラ松とブラザー」で5対1の構図になっちゃってるし!!

ハラハラキリキリするわ。

見るけど。

チョロ松と一松はほとんど兄弟間のこの二人の間の話で、
おそ松とトド松は他人も交えた話で、
十四松とイルカは完全に他人との話で、
カラ松はブラザー全体とですか。

あぁーどうなるのかな。

それはさておき、9話おもしろかったです!
豆球がダメな気持ちはよくわかる。子どもの頃は豆球で寝ていたから真っ暗にする方が眠れなかったんだけど、大人になってから真っ暗にして眠るようになったら、もう逆に豆球で気持ち悪さを感じるようになった。
目を閉じてもびみょうううううにちょっとだけ明るい感じに違和感感じちゃって。
ブリッジしながら非常識にラノベ読んでるチョロ松が一番笑った!
一松の殺したい気持ちはよーーーーくわかった。

7話の感想

合コン相手の女がやたらリアルだったー!
トト子やアイダとサチエとはまた違って、見た目もなんかよりリアルな感じ。
あの二人の女子、おそ松と別れた後二人だけで飲みなおして悪口言ってそう。
トド松の距離を測りながらの接し方の方が絶対普通だし仲良くなれるはずなのに、おそ松はゼロ距離いっちゃってしかも相手をなごませられちゃうから、トド松のペースは乱されてうまくいかないしおそ松も結局友達にすらなれずに終わるし、二人とも得るものがないならもう一緒に合コン行かないほうがいい…。
ゲーセンはすっごいレトロだったなぁ。昭和感あふれるゲーセン。
他の話でイヤミの天敵みたいだった子どもがラストシーンだけいなくなってるのって意味あるのかな?
あの子どもの服のマークと、三国志さんのトド松の服のマーク、同じかな?って思うんだけどそれも意味あるのかな?
とか気になってます。

8話の感想

城みちる!!
昔ちびまる子ちゃんで、山根君がみちるー!って騒いでイルカに乗った少年のイラストが出たことだけは覚えている!
1期の時よりずいぶんポジティブな感じだった!最後結局お別れしていたけど。
イルカになる夢を叶えたとか、君と笑うためとか。
しかし、またもや深読みが止まらなくなったんだけど、あれはなんだ、自分の色を捨てたってことを意味してたりするのか??イルカになったってことは、人間やめた(=六つ子をやめた)みたいなことを意味してたりするんだろうか??
だとしたら、(実際に辞められるわけはもちろんないので)精神的に自立をしたよってことだったり?
なんでああいう話をやったのか?を考えると深読みが止まらなくなるのよね。深読みしすぎだとはわかっていても!

folder カテゴリー